FC2ブログ

~ yukigonのひとりごと ~

日々のつぶやき日記
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP2017キルトのこと ≫ キルト鑑賞

キルト鑑賞


【今、モダンキルトの時代展】が
東京、大阪で開催されていたのは知っていたのですが
たまたまこちらでも開催されるとの情報を得たので
雨模様でしたが出かけてきました。



百貨店の催事場での開催ということでしたが
雨降りの平日午前中のせいか鑑賞する人はまばら。
ゆっくり鑑賞ができたのでよかったです。


展示会場内は全作品撮影OK。
それどころか「積極的にSNSで拡散をしてほしい」とのことで
作家であるルーク・ヘインズさんと会場内で一緒に写真撮影ができるほど。
皆さん、並んでツーショット写真を撮影していましたよ。

会場内の床にはビューポイントが示されていて
そこからキルトを観ると人物が飛び出すように観える。。とのことで
ビューポイントからキルトを撮影↓(オバマさんを撮影しました)


正面からキルトを撮影↓

う~ん。。。。特に感想を持てず…ごめんなさい。

これはキルトの裏側も観てくださいということのようです。
表側↓


裏側↓

なるほど。キルトラインが線描で見えるのでおもしろいな。

そしてビックリ。
テンションの上がるキルトがあったーー!

T‐rex 恐竜ティラノサウルス

か!かっこいい!!
アップでも撮影

まさか恐竜の骨格をキルトにするなんて!
初めて観ました!
あ~~やっぱり、ルークさんと
このキルトの前で写真撮ってもらえばよかったなぁ。

他、アメリカの新鋭キルト作家10人のキルトも一緒に展示されていました。

かわいいキルトやカラフルなキルト


緑の布200種類使ったキルト


色の重なりの変化を布で表したキルト


フライング・グースを曲線で表したキルト

精密なサイズ調整が必要だよなぁ・・・とジーっと見入る。

私には到底考えられないテーマや手法、布選び、デザイン。
キルトって自由に自己表現のできるものなんだなと改めて感じたし
鑑賞してよかったと思えるキルト展でした。

キルト鑑賞の後はお昼になったので
ランチのつもりで入店したら12時まではモーニングだそうで
小倉トースト付きのメニューを頼みました。

メニューはモーニングだけど私にとってはランチだわ。

ハロウィンイベントも各階で行われていて
ウォーリーを探せ!というパネルをみつけパチリ。

フラッシュオフで撮影するとこんな感じ↓


フラッシュオンで撮影すると↓

ウォーリーが出現。(見えるかな?)

雨降りで出かけるのに気が重かったけど
いざ出かけてみると
おもしろいことや刺激があって楽しいわ。

私のキルト制作過程は
別ブログにてUPしています。
お時間のある方は
お手数ですが
こちら→★をクリックしてみてくださませ。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする